ビットコインでBET ブックメーカーの特徴

チェーン

ブックメーカーは、独自に設定したオッズを提示して、予想投票を募集するという欧米の賭け屋です。的中した人には掛金にオッズを掛けた配当が行われるというもので、シンプルでわかりやすいということが最大の特徴です。元々は、日本のノミ屋の様なものだったと考えられていますが、政府から公認されるなどオープンな形で発展しており、現在では世界に向けてサービスが提供されています。

なお、ブックメーカーの一番の魅力は多種多様なチャンネル数が用意されているということで、凱旋門賞やBreeders' Cupなどの海外競馬、オリンピックやワールドカップなどのスポーツのイベント、アメリカの大統領選挙やアカデミー賞の結果など世界中の色々な出来事を賭けの対象としています。このために、ギャンブルやスポーツに興味がない人でも、十分に楽しむことが出来ます。

また、2000年代以降はクレジットカードでの入出金が可能となり、2010年代に入ると近未来の通貨として世界的にも注目を集めている「ビットコイン」でのBETが可能となるなどハード面においても年々進化しており、気軽に利用できる環境が整備されています。

ちなみに、日本では公営以外のギャンブルは禁止されている上に、公営であってもノミ屋を利用することは違法とされています。ただし、海外のブックメーカーを利用してお金を賭けることは現在のところ、逮捕される心配はありません。これは、海外に旅行に行った時に現地でカジノで遊ぶのと同じ認識となるためです。