わかりやすいブックメーカー 配当金とビットコイン

ビットコイン

ブックメーカーサイトの中にも近年ではビットコインなど仮想通貨が使用できるものが増えています。日本からも多くの利用者が存在しますが、ビットコインなどの仮想通貨を使用すれば国際送金を利用するのと比較してより多くの利益を得ることができます。ブックメーカーで効率的に稼ぐわかりやすい方法を説明するならば、使いやすいサイトを利用することが重要です。国際送金を利用して入出金を行う場合には海外の資金移動サービス会社が介在することになり、割高な手数料が必要となります。一方ビットコインなどの仮想通貨は世界共通の通貨としての性質を有しているため、世界中どこへでも金融機関を通さずに直接送金することができます。そのため手数料が安くなり、為替変動の影響も受けずに済みます。

ブックメーカーは賭け事を主宰する様々な胴元の中でも控除率が低く、多くの配当金を得られる可能性があります。控除率とは総売上から控除される運営費の割合です。日本の競馬などは2割から3割が運営費として控除されています。ブックメーカーの場合には倍率が決定された後に集金を行い、賭けの結果が出た後に控除率が判明する仕組みです。そのため賭け金を募る段階では控除率は分かりません。賭けの倍率によっては配当金が非常に高額となる場合があり、控除率がマイナスとなることもあります。控除率がマイナスになるとブックメーカーに損失が発生します。日本の競馬などよりも高額な配当金を期待できます。さらにビットコインなど仮想通貨を使用できるサイトを選択すれば利益を最大化することが可能です。


わかりやすいブックメーカー 控除率とビットコイン

発掘

控除率とは賭け事の胴元が集めたお金から差し引く運営費の割合のことです。日本では賭博行為が原則として禁止されていますが競馬や競輪、競艇などは例外的に認められています。競馬など公営競技の控除率は20%から30%とされます。総売上のうち20%から30%が運営費として差し引かれて、残りが賭けの勝利者への配当金とされます。宝くじなどの控除率は50%から55%なので総売上のおよそ半分が差し引かれることになります。またパチンコやパチスロは10%から15%が控除されます。総売上から控除される割合が低いものを選択することが、ギャンブルで稼ぐためのわかりやすい方法です。

競馬などの一般的なギャンブルでは胴元が総売上から一定率を控除するため損をすることがありません。一方ブックメーカーでは運営費を控除する割合を決定せずに賭け金を募ります。賭けの対象となったスポーツなどの結果が出たときに控除の割合も決定されます。配当金が多くなりすぎる場合には、ブックメーカーが赤字になることもあります。競馬や宝くじは控除される割合が高いため配当金が少なくなりますが、ブックメーカーはより多くの配当金を得る可能性が存在します。

ブックメーカーサイトの中にはビットコインなどの仮想通貨が使用できるものがあります。仮想通貨を使用して入出金を行えば手数料を安くできます。また円とドルを交換する必要もないため、為替変動により損をすることもありません。配当金を得るだけでなく、ビットコインなど仮想通貨の使用により利益を最大化することができます。