海外ブックメーカー わかりやすいビットコイン

ビットコイン

ブックメーカーはスポーツギャンブルであり、自分のお金を使った投資でもあります。本場のイギリスではほとんどの人が認知していて、ギャンブルというよりも日常生活のスパイスとして楽しんでいます。

ブックメーカーの仕組みは単純です。胴元がスポーツや行事などにオッズを決めており、賭けた金額とオッズに基づいて払い戻しが行なわれます。世界にはブックメーカーが500以上もあり、その特徴も多種多様となっています。ブックメーカーでは決済手段が大事になっています。クレジットカードが使えれば簡単に入金できますが、日本のクレジットカードでは通用しなかったりもします。たとえ入金ができても出金には別の手段を利用しなければならない場合も少なくありません。そのような現状の中で注目を集めているのがビットコインです。

ビットコインをわかりやすいように説明すると、発行体を持たない世界共通の電子マネーです。何かを介することなく個人で送金が可能になるのがメリットです。通常は海外送金するのに多額の手数料がかかりますが、ビットコインならほとんど手数料がかからずに一瞬で送金できます。このようなメリットによって今後は少額マーケットの拡大も期待されています。ビットコインをブックメーカーで運用すれば、手数料の負担も少なくスピーディーに入出金が行えます。しかも保有している段階では非課税だったり、本人確認の手間も必要なくなるというメリットもあります。