ビットコインで入金 ブックメーカーの魅力

ブックメーカーは、ヨーロッパだけで100万人以上が利用している人気の賭け屋で、スポーツを中心に世の中の色々な出来事にオッズを付けて投票を募り、的中者に配当を行うというのが基本的なサービスの内容です。日本のノミ屋と共通している点もありますが、イギリスでは50年以上前に政府に公認されており、サービスをオープンに展開している点が明確に違っています。

なお、ブックメーカーは現在ではインターネットの普及により、国境を越えて利用できる様になっています。これに伴い、クレジットカードやビットコインによる入金や出金が可能となるなど、わかりやすい安全な形で利用できる方向へと工夫が施されています。

ちなみに、日本では公営以外のギャンブルが禁止されている上に、公営であってもノミ行為は違法です。このために、国内の業者が運営しているブックメーカーにお金を賭けた場合は、賭博及び富くじに関する罪が適用されて処罰されてしまいます。

しかし、海外業者が運営しているブックメーカーをインターネットを通して利用した様な場合は、この限りではありません。何故なら、賭博及び富くじに関する罪は複数の関与により成立する対向犯として規定されているので、業者と利用者の両方を同時に摘発しなくてはならないからです。つまり、海外の正規のブックメーカーを国内法で摘発できない以上は、利用者のみを捕まえられないということになります。このために、基本的には安心して利用することが出来ます。