レースにビットコインでベット ブックメーカー

時計

ブックメーカーは、1790年代の終わり頃にイギリスの競馬場でHarry Ogdenという人物が行っていた勝ち馬投票券の請負を原型としている賭け屋です。具体的には、ブックメーカーが独自に設定したオッズにより予想を募集し、的中した人に配当を行うというシンプルな内容です。このわかりやすいという点が重要なポイントで、ヨーロッパだけでも100万人以上が利用しているほどの人気を集めています。

なお、ブックメーカーはわかりやすいということと共に、多種多様なチャンネルが用意されているということも魅力となっています。凱旋門賞などの世界のビッグレースはもちろんのこと、オリンピックやワールドカップなどのスポーツの大きなイベント、アメリカの大統領選挙やアカデミー賞の結果など世界中のありとあらゆる出来事を賭けの対象としています。

さらに、ブックメーカーはインターネットが普及して以降は、ヨーロッパ以外の地域にもサービスを提供するようになっており、誰でも簡単に利用できるようにハード面でも進化しています。例えば、2000年代にはクレジットカードでの入出金を行えるようになり、2010年代にはビットコインでのベットが可能となっています。

ちなみに、日本からの利用者も年々増加しており、それに対応した形で日本語で利用できるサイトも増加しています。このために、英語がまったく出来ないという人でも興味のある分野にベットすることが出来ます。